■プロフィール

みゆう

Author:みゆう
神戸の一級建築士事務所
みゆう設計室のママ建築士です♪
ほんわか息子と陽気な娘の年子の母です。
母・主婦・女性の視線を活かした
住まいのデザインをしています。

■FC2カウンター

■リンク
■カテゴリ

■最新記事
■全記事表示リンク
■FC2ブログランキング
■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
■RSSリンクの表示
■ユーザータグ
■ 検索フォーム

■ ブロとも申請フォーム
■ QRコード

QRコード

【 みゆう設計室からのお知らせ (みゆう設計室HP http://www.miyudesign.com/) 】






☆ みゆう設計室へのお問合せはこちらのメールフォームからお気軽にどうぞ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 | --:--:-- | twitterでつぶやく
大きな壁を乗り越えた、リフォームの本音
ママ建築士みゆうです。


今日はK様邸のリフォーム打合せ。


前回の打ち合わせで、「リフォームをする意味」を考えるための
大きな壁を乗り越えられたK様。


少し打合せの期間をあけて
ご家族で少し考えてもらう時間をとりました。
そこでみつけられた答えから、提案をしました。



2014030702.jpg 


ワンフロア、大胆な使い方の提案です。


2014030703.jpg 


もう一案も気に入ってもらいましたが
比較して、私が良いと思う案を気に入って頂いて前にすすむことになりました。



今回、私もすごく学ぶことの多い「対話」でした。
「要望」の中からかたちを作ってもしっくりこない。
要望に合わせたかたちに対して、感動ももってもらえない。


2014030705.jpg 

要望にあわせたかたちのはずなのに、暮らし方もフィットしない。


そこでどんな暮らしをしたいのか、という原点に戻り、話していく中で
リフォームをする「意味」を少しずつ解きほぐしていきましたら
少しずつ、少しずつ、本音が見えてきました。

気付いてくれて、そして、正直にお話してくれて良かった。

その本音と、そこから見えた新たな暮らし方を考えたら
本当の要望が見えてきましたね。


そこから、はじめて、私が提案できるのです!



そして、何が大事なのか、見えてくると
こだわっていたことが何なのか
実はあまり重きを置かなくてもいいものも出てきます。

そして、できたかたちが
これこそ、リフォームする価値のあるもの、という
住まいになるのではないかなと思っています。


工事が楽しみです。


そして、このリフォームのタイトルを「程良い距離感の家」としました。
シンプルだけれども可変性のある、自由度の高いお住まいです。

K様、どうもありがとうございました。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

月刊ハウジング4月号に「インナーテラスのある家」が掲載されています


付録付 月刊 HOUSING (ハウジング) 2014年 04月号付録付 月刊 HOUSING (ハウジング) 2014年 04月号
(2014/02/21)
不明

商品詳細を見る

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

講座開催のお知らせ!!

女性建築士の住まい講座「私仕様の家事ラク収納を考える」

【会場】 みゆう設計室事務所/JR住吉駅より徒歩3分
【日時】 2014年4月24日(木)10:30~12:00
【会費】 1,000円 お菓子・お飲物・テキストを含む
【定員】 8名

メールフォーム よりお申込み下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ブログランキング参加中!
ぽちっと応援クリックよろしくおねがいします♪

・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・ 

  【Miyu Design 一級建築士事務所みゆう設計室/兵庫・神戸】
みゆう設計室ホームページ → http://www.miyu-design.com/
Facebookページ → http://www.facebook.com/miyudesign.fpage
資料請求・お問合せ・感想は こちらのメールフォーム よりどうぞ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

【R】程良い距離感の家 | 19:38:38 | トラックバック(0) | コメント(0) | twitterでつぶやく
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。