■プロフィール

みゆう

Author:みゆう
神戸の一級建築士事務所
みゆう設計室のママ建築士です♪
ほんわか息子と陽気な娘の年子の母です。
母・主婦・女性の視線を活かした
住まいのデザインをしています。

■FC2カウンター

■リンク
■カテゴリ

■最新記事
■全記事表示リンク
■FC2ブログランキング
■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
■RSSリンクの表示
■ユーザータグ
■ 検索フォーム

■ ブロとも申請フォーム
■ QRコード

QRコード

【 みゆう設計室からのお知らせ (みゆう設計室HP http://www.miyudesign.com/) 】






☆ みゆう設計室へのお問合せはこちらのメールフォームからお気軽にどうぞ。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 | --:--:-- | twitterでつぶやく
収納と家具は可変性のあるもので。
ママ建築士みゆうです。

以前セミナーでパネリストとして参加した時

子供用のランドセルを収納する場所を
リビング周りなどにつくってあげるという話がありましたが
ランドセルを使わなくなったときのことをどう考えていますか?

と聞かれました。


P7250265.jpg



こちらは玄関横にランドセル、学用品(絵の具道具、習字道具など)を
入れることのできる収納を設けました。

収納と言っても、中は可動棚収納です。


用途をしっかり決めて収納を作ってしまうことは
将来的な使い方に対応できない可能性があるので
私はあまり好んでいません。

あえて、ランドセルを置ける場所、書類を置ける場所
という指示をする理由は
そこに住まれるご家族が、収納の使い道をひとつ知っておいてくれることで
収納の考え方の幅が広がり
収納が使いやすくなると思っているからです。

なので、収納の多くは、可動棚。


ランドセル、という言葉を書いているからと言って
必ずしもそのような使い方をするとは限らないと思っています。


CA3H0045.jpg



CA3H0043.jpg


こちらは以前、インテリア相談からはじまって
インテリアコーディネートをさせてもらったものですが
キッチン背面収納を制作しました。

シンプルな作りの収納ですが
やはり手持ちの家電はすっきりおさまり
家具がぴったりすっきりおさまるのはオーダーならではだな、と感じました。
内部は可動棚で入れるものはその都度変えていけると思います。


家のつくりも可変性がある方が家族の暮らしの変化に対応しやすいですが
収納も可変性が必要であると、私は思っています。


にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

にほんブログ村

 ↑ 
ブログランキング参加中!
ぽちっと応援クリックよろしくおねがいします♪
・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・

【Miyu Design 一級建築士事務所みゆう設計室/兵庫・神戸】
みゆう設計室ホームページ → http://www.miyu-design.com/
 ブログ本家は「暮らしブログ」→ http://miyu-design.jugem.jp/
イベント等お知らせブログは → http://ameblo.jp/miyudesign/

資料請求・お問合せ・感想は こちらのメールフォーム よりどうぞ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

◆収納・家具 | 22:45:47 | トラックバック(0) | コメント(0) | twitterでつぶやく
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。